教育・カリキュラム

法律学科

専門知識を学ぶだけではなく、人間としてのものの見方、考え方に磨きをかける

自治行政学科はこちら


学科の特徴と目標

法律学科は、法的な知識の修得と応用を通じて広く法的な思考能力と正義感覚を備え、また、社会の基本構造と政治機能の認識を深めて、健全な常識と柔軟な思考力を身に付けた自主的・自律的な社会人(市民)の育成を目的とします。
法律学科には、「法律職」「企業法務」および「現代社会」という3コースがあり、自分の興味や目標に合わせて選択し、効率的に専門的知識が修得できるシステムになっています。

コース制

2年次進級時に興味や目標に合わせてコースを選択

法律職コース 裁判官や弁護士、検察官等の法律職を目指す者のほか、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、税理士、裁判所職員、法律事務所職員等の法律職またはその補助職を希望する者を対象としたコースです。憲法・民法・刑法等の基本六法を中心として、それらをより専門的に学ぶ特講科目や実務的な法律科目を重点的に履修することにより、法律の解釈・適用をめぐる問題を実践的に学習することを目的としています。
また、法科大学院進学希望者、難関法律系国家試験受験希望者を対象とする「法曹養成プログラム」を開始することとしました。このプログラムでは、既存科目を目的に関連づけた履修計画を組むほか、その中核となる科目として、「法律学特修(民事法)Ⅰ・Ⅱ」「法律学特修(刑事法)Ⅰ・Ⅱ」(6・7セメ)を新設しました。
企業法務コース 現代社会を支える企業活動の担い手として、経営・取引実務上必要とされる法学的素養を備えた人材の養成を目指したコースです。民法・商法を中心として、経済法、消費者法、知的財産法等の科目を重点的に配置しています。「関連科目」中の経済学系の科目を合わせて履修することにより、現代の企業社会への認識を深めながら、広く企業・経営実務をめぐる法律問題を学修することができます。
現代社会コース 現代社会に生起する多様な法現象を網羅するように科目を配置して、先端的な社会問題に対応する能力を育成することを目的とします。ほかのコースよりもやや選択の幅を広くしているので、各自の関心に応じて、特定領域に特化した学修をすることも、また、領域を限定せずに網羅的な学修をすることも可能です。法律職や企業活動などに限らず、公益的な活動や市民としての活動に問題関心のある者を対象としたコースです。福祉・環境・消費者問題など広く現代的なテーマに関心をもち、社会のさまざまな分野で活躍することをめざす学生のためのコースです。

生きた法律

法科大学院開設に伴い、施設も充実! 体験型授業で「生きた法律」を身につける

法曹養成、裁判員制度導入、裁判の充実・迅速化……。日本の司法を取り巻く環境が今まさに大きく変わろうとしています。それに対応すべく本学でも、2004年度に法科大学院(ロースクール)を開設。
専用棟の館内には実際の法廷を模した法廷教室があり、本番さながらの模擬裁判も開催可能です。また、法律学科の授業のなかには、地元横浜地方裁判所で実際に行われる公判を傍聴するなど、「生きた法律」に触れる機会も多数用意されています。

ページトップに戻る


カリキュラム

法律学科のカリキュラムは、社会に対する興味・関心を喚起しつつ、次いで、法体系全体の基本となっている憲法・民法・刑法を基礎から丹念に学修し、そこから、特別法ないし特殊な領域の法へと学修の対象を広げていくことができるように、構成されています。

【2014年度カリキュラム改編による変更点】
法学政治学英語特講Ⅰ~Ⅵ」(1~4セメ)を設置して英語力の拡充を図ることとしました。「法学部入門演習」(2セメ)を設置して文章作成能力の涵養を図ることとしました。
「現代社会と法」(1セメ)を新設し、新入生の社会に対する関心の惹起を図ります。また、従前の「民法序説」、「刑法序説」(ともに1セメ)に代えて、「民事法入門」(1セメ)、「刑事法入門」(2セメ)を設置し、内容面を整理しました。政治学関係科目の入門科目として、「政治学入門」(2セメ)を新設しました。
法学部教育導入演習科目として、講義科目の「現代社会と法」(1セメ)を受けて「基礎演習Ⅰ」(2セメ)を開講します。次いで、専門ゼミナールの前段階としての「基礎演習Ⅱ」(3セメ)を置いて、基礎学力の定着を図ることとしました。専門演習科目「法学部ゼミナールⅠ~Ⅲ」は、4~8セメに設置します。

専攻科目の紹介

憲法I 「日本国憲法」の基礎知識や概念を学んだ後、人権論をはじめ、国民主権と天皇、平和主義などを詳しく学んでいきます。同時に、歴史的沿革や具体的事例、判例、日本国憲法にかかわる時事問題にも触れ、身近な問題として憲法を理解しやすく紹介していきます。
会社法I 身の回りにあるさまざまな製品やサ−ビスを提供している「会社」について、それがどのように設立され、運営されていくのかについて学んでいきます。経済の状況や社会の変化に対応して変容する会社法の、動向や今後の展望についても紹介していきます。
国際法I 国際社会が劇的に変化しつつある今、国際社会の法である国際法も抜本的な転換が求められています。まず、古典的な「国際法観」を学び、それが現実の国際社会とどの程度ズレてきているのかを知ったうえで、新世紀の国際法を市民とのかかわりも含め展望します。
少年法 「少年を厳罰に処するべきか?」「少年は保護の対象か?」。これらは、現行少年法の成立から60年近くにもわたり、常に「今」のテーマであり続けてきました。少年を「保護」するという理念を持つ少年法を学び、少年事件という社会事象を冷静に視る目を養います。

ページトップに戻る


Q & A

  • Q.1  法律学科の特色を教えてください。
  • 本学科では各年次・セメスターに適切な科目を配置し、法の体系を無理なく修得できます。また、将来の希望進路や適性を考えながら問題の関心に沿って系統的に学修することを目的とし、「法律職コース」「企業法務コース」「現代社会コース」という3つのコースが設けられています。
  • Q.2  法律学科で身につける専門知識は、どんな場面で役立ちますか。
  • 私たちは現在、常にさまざまな法現象と背中合わせに暮らしています。
    法を学ぶことは、単に法律知識だけでなく、社会に対するものの見方法的思考力、問題解決能力や正義感覚などを身につけることに通じていますので、法律関係の職業以外でも仕事や生活に生かされます。
  • Q.3  「法律職コース」が対象にする法律職にはどのようなものがありますか。
  • 法律学科で学ぶ基本的な法律科目は、裁判官・検察官・弁護士をめざす法科大学院に進んでも大いに有用です。また、司法書士・行政書士・不動産鑑定士・社会保険労務士・宅地建物取扱主任者など資格を要する職業に関しても、資格試験に役立つ科目を学ぶことができます。
  • Q.4  法律学科のゼミナールについて教えてください。
  • 法律に関するゼミナールはもちろん、法律に関連した社会問題・人権問題などさまざまな内容のゼミナールが設けられています。また、ゼミナールに集う仲間が勉強サークルを結成して、各種資格試験や公務員試験をめざすという例もあります。
  • Q.5  「六法全書」を暗記する必要はありますか。
  • 法律学の学修では法律の構造や理念などを理解することも重要ですが、条文自体を暗記することよりも、その条文がどのような問題に対処できるのかを考え、それぞれの想定に合わせて条文をすぐに探し出せるようになることが大切です。
  • Q.6   大学で法律を学修する前に準備することはありますか。
  • 普段から新聞を読むとともに、現代社会の成り立ちの背景にある歴史や地理などにも目を向けるとよいでしょう。さらに、大学での試験は、文章を書いて答案を作成する論述形式のものが多いので、自分の考えを文章で効率的に表現できるよう練習することもおすすめです。

ページトップに戻る