教員・研究紹介
TOP > 教員・研究紹介 > 論文集・紀要リスト > 神奈川ロージャーナル

神奈川ロージャーナル

法科大学院の制度設計とは、教育が単に大学という閉ざされた世界で行われるのではなく社会に開かれた点に新たな地平がある。社会との相互性の中で教育を行うという理念は、実務家教員の教育参加だけでなく、社会問題を人々とともに考え解決を模索し、学生達の資質を磨くアリーナとなっている点に特色がある。「神奈川ロージャーナル」は、このような理念のなかで実践される営みにほかならない。学生と教員が対等の立場で編集に当たり、執筆者は教員に限られず、学生、卒業生、社会の様々な人々に開かれたものとして運営される。つまり、社会との相互作用をとおして、社会から学び、社会に発信し、司法制度改革のめざす「公共性の空間」を創造するものとして、われわれは「神奈川ロージャーナル」を創刊したのである(「ロージャーナル創刊の辞」より抜粋)

ページトップに戻る