教員・研究紹介

教員紹介・ゼミ紹介

憲法

金子 匡良

学生に向けてのメッセージ

上北 正人  2013年に神奈川大学に来ましたが、その前の6年間は香川県に住んでいました。香川県は日本一面積の狭い県ですが、源平合戦で有名な屋島や、「こんぴらさん」という愛称で親しまれている金刀比羅宮(ことひらぐう)など観光名所も多く、またうどんがおいしいことでも有名です。みなさんも一度行ってみて下さい。
 学生のみなさんには、大学での4年間を一生の思い出になるような時代にしてもらいたいと思います。大学時代は、人生で一番自由な時期です。高校生までは学校に縛られていますし、社会人になると会社に縛られることになります。それに対して、大学時代は自分の意志で自由に行動できる数少ない時期です。この時期を有効に活用して、一生の宝物になるような出会いや学びをたくさん見つけ出して下さい。

担当科目

【学 部】 憲法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、法学部ゼミナール、法学部基礎演習Ⅰ、FYS
【大学院】 憲法特講Ⅲ

研究テーマ

国や自治体の人権救済制度に関する研究
政府によるCSRの促進に関する研究

主な研究業績

  • 1.「CSR政策の憲法論」法学志林111巻1号(2013年)
  • 2.「CSRに対する政府の関与-ヨーロッパ各国のCSR政策を素材として」研究紀要(高松大学・高松短期大学)56・57合併号(2012年)
  • 3.「幻の人権委員会構想-昭和29年『人権委員会設置法案』」高松大学紀要51号(2009年)
  • 4.「国連グローバル・コンパクトと政府の役割」江橋崇編著『企業の社会的責任経営』(法政大学出版局、2009年)
  • 5.「自治体の人権政策と人権救済制度」江橋崇編著『グローバル・コンパクトの新展開』(法政大学出版局、2008年)

ゼミ紹介

憲法に関する基本的な知識や判例を学んだ上で、自分なりの問題意識に基づいて、卒業論文をまとめていきます。仲間とともに学びあい、大いに議論することによって、学生時代の良い思い出になるようなゼミを一緒につくっていきましょう。

神大の先生

http://professor.kanagawa-u.ac.jp/law/law2/prof24.html 新しいウィンドウで開きます

ページトップに戻る