教員・研究紹介

教員紹介・ゼミ紹介

政治・行政学 行政学・地方自治

川瀬 博

自己紹介・学生に向けてのメッセージ

川瀬 博  私は、長い間、自治体職員として仕事を続けながら研究を行ってきました。その仕事は主に「みどり」と「環境」に関係したことです。仕事をとおして思案したことを、折にふれて論文や報告文としてまとめてきました。
  大学では、様々な環境問題の内、生物多様性や地球温暖化をめぐる諸課題などについて、皆さんとご一緒に考え、そして研究を続けて行こうと思っています。

担当科目

  • 【学部】
  •  「環境行政特論」と「政治学特講Ⅰ」という講義を担当しています。内容は、前者は自治体における環境行政の現状と課題について体系的・具体的に考えて行くもので、後者は生物多様性保全の方策や地球温暖化に対する適応策などを考えて行くものです。
  • 【大学院】
  •  「環境政策特講」という講義をゼミ形式で担当しています。テーマは地球環境問題の解決の方法を考えることです。

研究テーマ

  研究テーマについて改めて振り返ってみますと、それは環境政策や環境倫理に関係したことがら、といえます。そして現在は、環境政策や環境倫理の根底を支えているエコフィロソフィにも強い関心を寄せています。それは望ましい自然と人間の共生を考えて行くものです。
  私は、環境倫理といっても妙にストイック(禁欲的)になることではない、と思います。むしろ、五感に基づく自己感覚を大切にすることで、山や川、植物や動物にまで広く感受性を拡張できる意識変革が大事であり、そのことを新たな研究テーマの一つにしたいと考えています。

主な研究業績

  • ・『地球時代の環境政策』(寄本勝美編、共著)ぎょうせい、1992年
  • ・『人間と自然のエコロジー』第一法規、1995年
  • ・『横浜 港北の自然と文化』(共著)大倉精神文化研究所、2006年
  • ・『自治体環境政策の展望(改訂版)』(共著)神大生協書籍部、2010年
  • ・『里山創生』(共著)創森社、2011年
  • ・『池子の森のエコフィロソフィ』(共著)合同出版、2013年

ゼミ紹介

  ゼミのテーマは、「環境政策の現状と課題」についてです。
  ゼミ90分のうち60分は輪読会で、使用テキストは、鳥越皓之 著『環境社会学―生活者の立場から考える』、佐土原 聡ほか編『里山創生』、長谷川公一著『脱原発力社会』などです。
  また、グループによる緑地計画の調査や雑木林の望ましい環境利用を考えるワークショップをしています。そのために、横浜南部にある円海山へ、マップづくりハイキングにも行きます。

趣味

  ハイキングと映画鑑賞です。海抜の低い山を歩きながら、植生や景観を眺めるのが好みです。映画は邦画も洋画も大好きです。

ページトップに戻る