教員・研究紹介

教員紹介・ゼミ紹介

民事法 民事訴訟法

小室 百合

自己紹介・学生に向けてのメッセージ

小室 百合自己紹介
  東京都生まれ。東北大学法学部卒業、東北大学大学院法学研究科博士後期課程(私法学専攻)退学。島根大学法文学部講師、助教授を経て、2004年4月より神奈川大学法学部に勤務。

学生の皆さんにメッセージ
  「背筋を伸ばせ! うつむくな! もごもご喋るな! 声は大きく! 明るく! 元気に!!」

担当科目

【学 部】 「民事訴訟法Ⅰ・Ⅱ」、「民事執行・保全法」、「倒産処理法」、「裁判と法」など
【大学院】 (博士前期課程)民事訴訟法特講Ⅱ 民事訴訟法特講Ⅱ(演習1) 民事訴訟法特講Ⅱ(演習2)

研究テーマ

国際民事訴訟法

主な研究業績

  • 『法律の条文解釈入門』(信山社、2014年)
  • 「外国判決承認執行手続における手続的公序と再審」『東北学院法学』71号(2011年)
  • 「地域的不統一法国の判決を日本で承認執行する場合の国際裁判管轄(間接的一般管轄)の要件についての一考察」『神奈川法学』37巻2・3号(2005年)
  • 「渉外事件における個人破産の問題」河野・中島編『倒産法大系』(弘文堂、2001年)
  • 「外国判決の承認・執行における送達の要件について」『島大法学』42巻2号(1998年)
  • 「外国判決承認・執行制度の意義について――ドイツにおける歴史的沿革を手がかりとして――」『東北法学』16号(1998年)

ゼミ紹介

  • 法学部ゼミナールⅠ「民事訴訟法の基本演習」
  • 法学部ゼミナールⅡ「民事訴訟法の判例・学説研究」
  • 法学部ゼミナールⅢ「ゼミ論集作成」

神大の先生

http://professor.kanagawa-u.ac.jp/law/law2/prof09.html 新しいウィンドウで開きます

ページトップに戻る