進路・資格・就職について

卒業生の声 - 菱山 英継さん

早く就職活動を始めることが、就職への近道

菱山 英継さん

  「大学2年の春」・・・それは私が就職活動を始めた時期である。
  大学2年の春頃から就職活動を行うことを「正直早いかな?」と考えつつも、様々な企業で働いている社会人の方々と実際にお会いし、社会人というものを少しでも肌で感じたいと自分なりに奮闘していた。
  気が付けば、同期の学生が就職活動を始めた頃には、自分自身は就職活動も終盤に近づき、大学3年の4月中頃には「就職活動」に別れを告げていた。
  その様な在学時の就職活動を通じ、学生の皆様に強くお伝えしたい内容をご報告します。

A.「就職活動を有利に進める為に・・」

  物事に手を付けるのが早ければ早い程、その物事に対する対策を十分に講じる余裕が生じ、全てに有利な状況を生み出すものである。就職活動もまた同じであると考える。就職に早く手を付ける事こそ有利に進める為の第一歩(近道)であると考える。
  例えば、大学入学後の新入生が勉学に励みつつ色々な企業に興味を持ちつつ、企業情報を収集しながら大学3年へと昇級していった者と、大学3年になってから周りに煽られ企業の情報収集を開始した者とを、面接という場で比較(勝負)させたら結果は一目瞭然であろう。 
    重複するが就職に決まった時期は無く早く手を付けた者こそ有利になる者である。
  一つ言える事は「大学3年次が就職活動時期」という誤った考えを払拭して頂きたい。「周囲が始めたから自分自身も」というパターンだけは避けて頂きたいのである。
  就職活動というスタートラインを早めれば、自分の就職したい企業情報をより多く収集する事が可能であり、面接の際に他の学生が昨日今日考えてきたどんな立派な志望動機にも勝る戦略を見出すことも可能であり、最終的には自分自身が有利な立場となって内定に辿り着くものであることを、在学生の皆様が少しでも理解して頂き就職活動を有利に進める心構えとして一考頂けたら幸いである。

B.「就職活動の駆け込み寺は・・」

  就職活動を進めるにあたり学生の皆様にとって不安は付き物。そんな時に在学生の皆様に対して唯一頼れる場を紹介するとしたら、やはり本学の「就職課(学習進路支援部)」へ訪問することをおすすめする。
  私自身が大学2年の早い時期に、「就職課」を訪問し、就職についての指導のみならず、様々な悩みや相談に多々対処頂き助けて頂いた。それ以外にも就職課に保管されている貴重なる企業情報も最大限活用しつつ、就職活動を有利に進める為の戦略を練ることも可能である。

C.「在学生の皆様へ」

  今回は「就職の第一歩」ということで、まずは学生の皆様には「就職とは一体何なのか?」という疑問に興味を持ってもらいたいのである。
  そして、「就職とは何か?」を私同様に自問自答して頂き、就職活動を終わらせた時に、もう一度その答えが何であったのかを自分の手で確かめて頂きたいのである。
  その時に学生は口々にこう言うであろう、「就職活動を始めたばかりの自分自身と、終わった後の自分自身を比較すると、まるで別人の様である」と、その言葉の意味も含めて、「就職」とは何であるかを自分自身の手で確かめて頂きたい。
  その比較が大きく表れる為には「1日でも早く就職に目を向ける事」なのかもしれない。
  1日でも早く就職に目を向けた分、内定が出るのも1日早まろう。
以上の様な考えを抱きつつ、就職活動と向き合って頂ければ幸いであり、多くの在学生の皆様が1人でも多く内定をもらえる事を心より祈っております。

ページトップに戻る