入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 片桐 実花子さん

楽しく充実した大学生活

片桐 実花子さん (法律学科2年)

  私は高校のときから社会科の勉強がすごく好きで、それが法学部へ進学したいと思ったきっかけでした。私が生まれ育った秋田県は少子高齢化が問題となっているため、大学で学んだ知識を地元のために役立たせたいという思いもあり、法学部への進学を決意したのを今でも覚えています。神奈川大学には3つのコースがあり、自分の進路にあったコースを選べるため、当時目標のあった私にはとても魅力的に感じました。現在は、進路希望が就職へと変わりましたが、そのような変化があってもコースが3つあるため対応でき、さらに3年次、コース変更希望者は変更することができるということで、改めて神奈川大学を選んで良かったと思っています。

  高校生の方は、高校と大学の勉強の違いに不安を持つ方がいると思いますが、私もその1人です。最初は不安でいっぱいでしたが、今では高校のときの勉強よりも大学の勉強のほうが答えが決まっていない分、自分の意見を含めた解答ができるため好きです。高校の時に比べ、視野が広がる勉強で、また考える力の身につけられる勉強だと思います。

  大学生活は、本当に自由です。授業はもちろんありますが、高校に比べ自分の時間がたくさんあります。私はその大半をアルバイトに費やしていますが、サークルで友達と楽しい時間を過ごしたり、勉強でたまったストレスを発散する時間も十分あるので日々楽しく過ごせています。このたくさんある時間の使い道はひとりひとり、それぞれ自由です。私は3年生になれば、就職活動が待っているので、これからは資格取得に時間を使っていきたいなと思っています。高校生の方々は、将来の目標ある人、ない人、様々だと思いますが、神奈川大学はひとりひとりに対応していける大学だと私は思っています。だからこそ楽しく充実した大学生活を送れるんだと、1年半、神奈川大学に通い感じました。みなさんも楽しく充実した大学生活を送れますように♪

ページトップに戻る