入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 黒田 玲さん

神大法学部を目指す皆さんへ

黒田 玲さん (法律学科3年)

  法律の勉強と聞いて「難しそう」と思う方がいるかもしれません。私もその一人でした。でも、入学後実際の講義を受けてみると、明日にも自分の身近で起こりそうな友人間の問題を解決する方法として法を学んだり、普段新聞やニュースで目にする事件にはどのように法が関係しているのかといったような身近なところから楽しく法律を学ぶことができ、今では法律の勉強を面白いと感じるようになりました。

  大学での勉強の良いところは、自分の興味に合わせて学ぶことができる点だと思います。私の在籍する法律学科は二年次から個人の興味に合わせて三つのコースから学習の指標を選ぶことができるので、法律の中でも自分の興味があるものに特化して学ぶことができます。また、どのコースも選択科目の幅が広いので一つの方面に偏らず法律を網羅的に学ぶことも可能で、その人の個性や興味に合った勉強のやり方を見つけられます。

  大学の講義は一回一回の内容が濃いので毎回確実に知識が身に付いていくのを実感できます。それなら予習復習に時間がかかるのではと思うかもしれませんが、私の場合は行きと帰りの電車内で講義中にとったノートを見直すくらいなので、帰ってからの時間は結構好きなように使えたりします。つまり、授業中にしっかり話を聞いてノートをとっておけば、その後の時間は自由ということです。サークルに入るもよし、アルバイトに励むもよし、友達と遊びに行くもよし、自分なりの神大ライフを見つけて下さい!

   また、学部に関係なく自由にとれる科目があるので、法律だけでない幅広い教養を身に付けることができます。私も講義を通してクローン・北欧神話・心理学など様々な方面に興味を持つことができました。語学の選択で必ずしも英語を選ばなくてもいいというのも魅力だと思います。
  難しそう、自分には向いてないと思っていてもやってみたら意外と面白かったというのが法律の勉強だと思います。少しでも法律に興味があるのならぜひ神大の法学部へ足を運んでみて下さい!熱意ある皆さんが入学してくれるのを待っています!


ページトップに戻る