入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 人見 裕美子さん

社会人として巣立つ前の貴重な、自由な4年間

人見 裕美子さん (自治行政学科2年)

  私が神大法学部を選んだ理由は、地方自治や環境に関するテーマを取り扱った講義が非常に充実していたためです。講義によっては直接、自治体職員の方が講師としてお話しして下さるので、他の講義とも併せて最新の政策課題を学ぶことができます。また、「行政実務特論」という科目では、各公務員の採用方法などについても情報を得ることができ、神大法学部の魅力の一つだと思います。

 私が所属する自治行政学科は、公務員志望の人が多いように感じます。私自身、将来は公務員として働きたいので、同じ目標をもつ仲間がいることは心強く、かつ刺激にもなります。先生方も講義中に、公務員試験でポイントととなる箇所を指摘して下さることもあり、参考になります。さらに講義に加えて、就職をサポートしてもらっているのが、「公務員試験講座」です。私は今年から受講していますが、学内で、受験に必要な知識をインプットできることから、時間や金銭面でも効率がいいと思います。
 大学生活は高校と比べ、あらゆる面で自由です。けれども、社会人として巣立つ前の貴重な、自由な4年間だと考えています。それゆえに、興味をもったことだけではなく、今まで触れたことがない分野に関しても積極的に取り組む姿勢を心がけています。
 これは勉強のみならず、普段の大学生活でも意識しています。私の場合は、アルバイトをしたり、車で遠出してみたり日々、充実した生活を送っています。積極的に活動してゆく中で、より幅広い視野を持てるようになった気もします。

 神大法学部は落ち着いた雰囲気で、まじめな人が多く、先生方も熱心にご指導して下さいます。神大に入学するまでは、どんな大学生活になるのか不安もありましたが、今は本当に毎日が楽しいです。恵まれた環境や素敵な先生方、友達に囲まれて、神大法学部生でよかったなと思っています。
 受験生活の中では、思うようにいかず悩んだり、壁に突き当たることもあると思います。しかしそれらの経験は、今後の自分を強くしてくれる大切な要素になるはずです。最後まで決してあきらめずに乗り越えてください。


ページトップに戻る