入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 柴田 郁香さん

大学生活で私が心がけていること

柴田 郁香さん (法律学科2年)

  受験生の皆さん、こんにちは!私は神大の法学部法律学科に在籍する2年生です。今回は、私自身も受験前に疑問に思っていたこと(具体的には大学ってどんなところなのか、法学部ってどんな勉強をしているのか、大学の授業は高校までの授業と違うのか、など)について、また大学生活を送る上で私が心がけていることについてお話ししたいと思います!

  まず、大学ってどんなところなのか-ひと言で言えば「自由な時間が多いところ」です。高校までと違い時間割も自由に決められるし、上手く調整すれば平日休みをとることも可能です。大学はとっても自由なところです!その自由をどのように使うかは各自の判断によるものなので、しっかり勉強もできるし、部活やサークルに取り組むことも可能です!
  法学部は何を勉強しているのか-私の在籍している法学部は、当然法律を学んでいるわけですが、神大の法学部には、単に法律の講義をする授業だけでなく、法律の実務家(例えば公務員の方や弁護士の方など)が実際にどのような仕事をしているのかを直接講義するような授業もあります。また、法学部の先生方はとても親切です!高校と違い、先生との距離はありますが、自分から積極的に質問しにいけば快く答えてくれます。はじめはちょっと怖いけど、思い切って一度話しにいってみるといいと思います!勉強以外の相談にものっていただけますよ!

  大学での授業と高校までの授業はどう違うのか-私が一番感じた違いは、先生が板書してくれない点です。法律の授業で先生が黒板に綺麗にまとめてくれる、なんてことは滅多にありません。自分でノートを作らなくてはいけません。はじめはなかなか難しいのですが、すぐに慣れるので心配はいりません!

  大学生活で私が心がけていることを2点ほどお話ししたいと思います。まず、「授業には遅刻しない」こと。これは、大学は当然ホームルームなんてものがないわけですから、遅刻しても欠席しても大学から自宅に「今日欠席されましたよね?」なんて連絡はきません。規制がなくなるとどうしてもルーズになりがちです。ですが時間を守るという最低限のルールは守るべきだと思い、私は1年のころから実践しています。これに関連して、「オンとオフの区別をつけてメリハリのある生活をする」ことを挙げます。これは、勉強するときはしっかりする。授業に出ているときは集中する。でも息抜きもしっかりする。というものです。私は、毎週日曜日はバイトも部活も勉強も入れずに、友人と遊んだり、家で休んだりと休日を設けています。何事も根詰めると上手くいかないものです。しっかり休んだりしっかり遊んだりすることも大切です。

  最後になりましたが、受験生の皆さん、受験の先には必ず充実した大学での生活が4年間も待っています!!受験はとても辛いものですが、どうか最後まで諦めずにがんばってください!

ページトップに戻る