入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 岡部 祐依さん

将来の夢は、司法書士

岡部 祐依さん (法律学科4年)

神大法学部を選んだ理由は?

  私が神大法学部に興味を持ったきっかけは、受験の際指定校推薦があったからという単純なものでした。その中でもなぜ法学部に興味を持ったかというと、私はテレビが大好きでドラマなどで法律の話題が出てきたときに、これも単純に「かっこいいなぁ法律って。」と思っていたからです。六法全書を持って、法律の専門的な用語をスラスラと話せたら楽しいだろうなと夢は膨らみました。そんな《法律》に対しての淡い憧れによって、高校時代の将来の夢は、人の財産(土地や不動産)を守るお手伝いができる司法書士という仕事でした。
  神大法学部のカリキュラムは、他の大学と異なり、様々な専門的な科目が準備されていると思います。登記実務や不動産法実務の科目は他の大学ではほとんど見たことがない科目であり、司法書士を目指す私にとってはすごく魅力的な部分だったので、神大法学部を選びました。

大学の勉強は、高校と比べてどんな感じ?

  私が初めて大学の授業を受けて驚いたことは、教室の広さです。特に法学部は神大の中でも一番大きな講義室を使うことが多く、教授一人に対する学生の多さに驚きました。つまりは、その大きな講義室の中で一人が授業と関係のないことをやっていてもほとんど怒られることはないということです。このことは私に自己責任の重要性を感じさせました。自らが積極的に学ぼうとしない限り、大学では何も学ぶことはできないのです。高校では先生が一人ひとりに目を配り、みんなが同じように知識を得られるように考えて授業をしてくれますが、大学はそうではありません。皆さんは大学にお金を払って通うことになるわけですから、大学は卒業したけど何も学ばなかったなんていうことの無いよう、積極的にいろいろなことを学ぶことをお勧めします。
  また、大学に入って初めての定期試験の際は何をどう勉強したらよいかもわからずとても不安だったことを覚えています。でもちゃんと授業を受けて、試験前には試験のための準備をすれば何も怖がることはありません。そういった地道な作業が優秀な成績を生むと私は思います。

将来の夢は?それに向けて今、何をしている?

  前述したように、高校生のときから司法書士という仕事に興味を持っていましたが、大学の授業を受けたり今現在の社会において考える中で、私はもっと人の力になりたい、人のわからないことを教えてあげられる人になりたいという思いが強くなり、その中でも法律の知識が必要とされる社会保険労務士という仕事に興味を持ちました。社会保険労務士は年金制度や雇用保険制度などの複雑な内容を熟知し、事業主に代わって手続きをしたり、労務関係について相談に乗ったりする仕事です。
  この仕事に興味を持ってからは、大学で社会保障法や労働法の授業を選択したりしました。今も、夏の資格試験にむけて勉強していますが、授業で学んだ知識が生かされていると思います。
  また、海外の事業主が日本に来て社会保険制度について困ったときに役に立てるように英会話能力を身に着けたいと思い、大学で行われている毎日英会話という講座をとっています。

大学生活全般において、心がけていることは?

  毎日を無駄にしないことです。今4年生になって思うことは、大学生になってからものすごく早く時間が過ぎることです。人生の中で大学生という好きなことを好きなだけできる時間はとても短いです。勉強だけでなく、いろいろなことにたいして興味を持ったら即実行する、失敗しても無駄にはならないのでとにかくやってみることが大事だと感じています。

大学生活において、勉強以外の楽しみは?

  人により様々だと思いますが、私は大学のオーケストラに入団して楽器を弾いています。神大は非常に多くのサークルや部活があり、皆さんも自分にあったものを見つけられるのではないかと思います。もしなければ作ってもいいと思います。
  私はオーケストラの活動の中でいろいろなことを感じ、学びました。辛いこともあったけど本当にやっていてよかったと思うときが何度もありました。もしなにか大学で始めてみたいと思っている方は、ぜひ神奈川大学管弦楽団へどうぞ♪

最後に一言

  なんだかんだいっても私は神大が好きです。皆さんも入学して卒業するときにはそう言えるようになると私は確信しております。だから皆さんも神大目指して今をがんばってください☆
  きっと法律用語をスラスラ言える未来が待ってますよ(^0^)v

ページトップに戻る