入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 瀬尾 真結さん

受験生に向けて

瀬尾 真結さん (法律学科2年)

はじめに
  受験生の皆さん、初めまして。私は法律学科に所属する2年生です。受験勉強は順調ですか? さて、今回は神大法学部のことや大学生活のことなどについて、少しお話ししたいと思います。これを読んでいただいている皆さんのなかには、神大法学部を受験しようか悩んでいる人も、あるいは受験勉強の息抜きの人もいるかと思いますが、私の話が何かのきっかけになればうれしく思います。

法学部を選んだ理由
  そもそも私が法学部を選んだのは、「検察官になりたかったから」です。私はずっと、「法律」という学問をとことん学んでみたいと思っており、そのため受験時代はとにかく、法学部に入ることだけを目標に勉強していました。
ですが、大学での勉強は高校までのそれとは全く違います。高校までの勉強が「社会に出るうえで最低限の基礎的学力を身につける」勉強だとしたら、大学での勉強は「自分が好きで情熱をもって打ち込めるようなあるひとつの分野について、徹底的に突き詰めていく」勉強です。大学で何を学ぼうか、悩んでいる人もいるかもしれません。そのときは、「自分は何が好きか」を考えてみてください。自らの「意志」、それこそ人間の個性、人格の中心、あなたの本質です。学問や仕事を通じて自分自身をも高めていく人生を求めるなら、ぜひ自らの良き「意志」のうえに立つべきです。ですから、大学を選ぶうえでは、まず自分が好きで学んでみたい分野をいくつか絞っておくのがよいと思います。それが将来、就職で役に立つかどうかは関係ありません。自分の学びたい学問を4年間全力で学ぶ、大学とはそういうところだと私は思っています。大学の4年間というのは、学問する目的で社会的に許され与えられる期間といえます。このような貴重な期間は、おそらく一生に一度であり、よくよく考えてたいせつに使うべきです。

大学での勉強
  「法律」という分野は、おそらくすべての大学生が一から始める学問です。つまり、大学4年間の生活次第では、東大生に勝つことだって可能だということです。つくづく思うのですが、大学ではいくらでも遊べるし、いくらでも学べるのです。むしろそこでは、大学の差というより、明らかに個人の意志が問題なのでしょう。受験生の皆さん。大学に入ったら、日々の授業や学校の施設、サークルやゼミなど、与えられたものを最大限に利用して、ぜひ充実した日々を過ごしてほしいと思います。
大学での勉強にあたっては、まずは授業に出ることです。最初は単語の意味すら分からずたいへんだと思いますが、1年生のうちは「参加することに意味がある」のです。とりあえず授業に出て、先生の講義をすべてメモを取りましょう。その際、自分が読めれば汚くても構いません。たいせつなのは、授業が終わったらすぐに復習して整理することです。幸い、神奈川大学横浜キャンパスの図書館は地下1階から3階まであり、好きなところで静かに勉強できます。加えて17号館にある法務研究科の自習室には基本書から判例集まで様々な資料があり、自由に閲覧が可能です。豊富な資料を自由に見られる機会をフル活用することで、より深い理解が得られるでしょう。たいへん便利で落ち着いていて、私も、夜おそくまでよく使わせてもらっています。

大学生活とは
  大学生活とは、とても自由です。ですが「自由」とは、裏を返せばすべてが「自己責任」だということです。高校までは勉強や生活態度などに関して、先生が事細かに指導してくれたかと思いますが、大学ではそんなことは誰もしてくれません。今までのように何でも与えられた学びではなく、すべて自ら判断し、行動し、責任を持つ、そういう本当の学びなのです。そのため、勉強に対してのモチベーションは自分で上げていかなければなりませんが、そこで役立つのが、仲間をもつこと、つまりサークルやゼミの活用です。私は「法律家のたまご」という勉強サークルに入学直後から入っており、普段からそのサークルの仲間と一緒に勉強していますが、仲間と議論しながら一緒に勉強していくことで、勉強に対するモチベーションが非常に上がっています。また、神大のゼミは多くの他大学と違い早く、2年生から始まります。自分の興味のある分野について少人数で勉強することのできるゼミは、法律の専門知識はもちろん、ディベート能力、プレゼンテーション能力など、就活や社会で必要な技能も身に付きます。とにかく興味がある科目があれば、ぜひ受講することをおすすめします。

最後に
  法律の勉強は、外国語を学ぶのと同じです。一から始めるので最初は辛いかもしれませんが、最初の1年間を耐えれば1年後には少し分かるようになってきて、勉強が楽しくなってきます。一つ分かれば、自信が生まれ、さらに理解が進んでいきます。どうか頑張ってみてください。そうすれば4年後、卒業するときには今皆さんが思い描いている自分になれるはずです。
 受験生の皆さん、今は辛いかもしれませんが、これさえ乗り越えれば、すばらしい可能性が開けます。私たちも応援しています。そして、来年の4月、これを読んだ皆さんがひとりでも多く、神奈川大学の門を叩いてくださるのを、楽しみに待っています。

ページトップに戻る