入試関連

在学生から受験生へのメッセージ - 常井 涼子さん

思いがけない自分の発見

常井 涼子さん (法律学科3年)

 私は、高校時代は部活動に明け暮れ勉学を疎かにしてきました。体を動かすことが好きでこれはいくら大変でも苦にならないのですが、勉強となるとどうしても身が入らなかったのです。ですから、受験勉強も渋々、また大学生になってから自分が学問に打ち込めるかどうか疑問でした。
 しかし、本校へ入学し実際に学び始めるとその疑問は解消されました。法律は実は堅苦しいだけではなく、非常におもしろいのです。講義では教科書だけでなく実際の法律問題が多く取り入れられ、距離を感じることなく自分の身近な事件をなぞりながら勉強ができます。基礎的な知識の習得にはやはり忍耐が必要ですがそれが身に付きだした途端、皆さんの世界はぐっと広がるはずです。
  私は大学生になり、勉強が好きな「思いがけない自分」を発見しました。 皆さんも大学生になった暁には、今まで気が付かなかった思いがけない自分を探してみてください。

ゼミナール
 神奈川大学法学部では2年次からゼミナールへ所属することが出来るようになります。私が学ぶことへ取り組めるようになれたのは特にゼミの活動のおかげでした。
 私は商法の保険法という分野のゼミナールに参加しています。保険は生活に欠かせないものであるのにも関わらず(いつか皆さんも保険に加入されると思います)、私たちの保険に対する知識は実はあまりにも少ないのです。また複雑な仕組みを持って運営され、その把握は一朝一夕には困難です。かく申し上げる私も既に一年半ご教授いただいておきながら未だ初心者の域を抜け出ることが出来ません。

 しかし、ゼミナールの先生や仲間と学び、少しずつですが知識を得ていることを実感しています。いつか私なりにその学びの結果を形にしたいと思っています。これが私のゼミナールを通して得た勉強への熱意です。
 さらに、ゼミナールという活動は勉強だけでなく、同じ科目を学ぶ仲間を作ることも出来ます。その仲間や先生とディベートやプレゼンテーションなどを通し、インプットだけでなくアウトプットを身につけていくのです。
 ゼミに所属し、先生から法律を学ぶということは考え方を学ぶということだと教わりました。法律独特なものの考え方を通し見る社会のあり方は今まで見えていたものとは異なっています。そこに法律の面白さはあるのだと思います。

大学生活について
 大学生の生活は今まで体験したことのないものです。時間割は自分で作らなくてはならず、その上自由な時間が増えます。最初のうちはこの自由をもてあますことがあるかもしれません。
 そのようなときは、バイトやサークルに精を出すのもいいと思いますし、何か資格の勉強をするのも友達と遊ぶのもいいと思います。気になることには何でも手をつけておくことをお勧めします。とにかく時間はあるのですから簡単です。
 そのように過ごし、一年経ち、二年経ちとしていくうちにその経験からさらに先の道が見えてくることになると思います。

 長くなりましたが受験生の皆さん、お体を大事になさってがんばってください。今の辛抱は大学生活への助走となります。 皆さんに実り多く素晴らしい大学生活が訪れますようお祈りしています。

ページトップに戻る