教育
Academics

法律学科

特色1. 法律の知識がゼロからでも安心なカリキュラム

「憲法・民法・刑法」を初歩から学べるので、法律学初心者でも大丈夫。基礎から応用へ段階的に進んでいく授業を通し、「法の体系」「法的な考え方」を無理なく修得できます。

特色2. 興味や目標に合わせて選べる3コース制

2年次からは興味や目標に沿って効率的に学修できるよう「法律職」「企業法務」「現代社会」の3コース制へ。より専門的な学びの中で、時代が投げかける様々な課題に取り組みます。

特色3. リーガルマインドを自分のものに

リーガルマインドとは、法律を通して目の前にある問題の本質を分析し、考察するチカラ。
単なる法的知識にとどまらない、「モノの見方」や「問題発見・解決力」「正義感」を養います。

特色4. 大学院で学ぶ授業科目も履修可能

より高度な専門知識を求める学生に対して、大学院の授業科目を履修できる「大学院特別科目等履修生制度」を実施。学ぶ意欲にとことん応える環境で、興味の幅を思う存分広げてください。

法律学科 | 学部・学科の目指す教育・特色

自治行政学科

特色1. 地域社会に応用できる“思考力”を修得

本学科最大の特色は、「環境法」「社会保障法」などの科目を通して、法律とともに環境や福祉を深く学べる点。多様な視点から地域の諸問題を見つめ、「自分ならどう対応するか」を考えます。

特色2. 幅広くバランスよく学べるカリキュラム

地方自治の新たなアイデアを生み出すためには、多彩な知識と広い視野が欠かせません。 そこで一般教養から専門知識まで、広く社会に興味を持てるようなカリキュラムを整えました。

特色3. 政策現場の生の声を実感できる実践的授業

自治体の行政に長く携わってきた実務家教員による生きた授業が受けられるのも大きな特長です。
実際の成功例・失敗例を検証しながら、地域を支える力を培っていきましょう。

特色4. 3つの履修モデルが系統的な学びを後押し

テーマを持って系統的に学べるように、「環境法政型」「まちづくり型」「社会保障型」の3つのモデルを設定しました。これらを軸に、将来の目標に合った学修を深めていきます。

自治行政学科 | 学部・学科の目指す教育・特色
ボタン:トップへ戻ります