教員・研究紹介

教員紹介・ゼミ紹介

公法 行政法

嘉藤 亮

学生に向けてのメッセージ

  大学生となった皆さんの眼前には途方もないくらいの地平が広がっております。全ての可能性があり、全ての選択肢が与えられます。何をするか、あるいはしないかは皆さんの自由です。こうしただだっ広い世界の中で、悪戦苦闘しながら、それぞれの岐路において自分自身で選択をし、社会人としての階段を上っていくその第一段階が大学生活といったところでしょうか。そこで出会う人たちはこれまでにない刺激を与えてくれますし、勉強に限らず多くのことを学ぶことでしょう。こうした中で自分自身の問題意識を醸成し、将来につなげていただきたいと思います。
  大学は皆さんが求めれば、いくらでも応えてくれる空間です。皆さんが持っている無限の可能性・選択肢を自身で閉ざすことなく、大いに学び、友人と大いに語らい、そして大いに遊んで充実した大学生活を送ってください。

担当科目

【学 部】 (前期)行政法Ⅰ・自治体法Ⅰ
(後期)行政法Ⅱ・自治体法Ⅱ

研究テーマ

  行政救済法の研究

主な研究業績

 1.「DV防止法に基づく行政対応の特徴と課題」(法律時報86巻9号63~67頁 2014年)
 2.「アメリカ合衆国における州・地方政府間関係と責任」(神奈川法学45巻1号143~169頁 2012年)
 3.「アメリカ行政法における「救済」観念の基層」(神奈川法学44巻1号95~140頁 2011年)

ゼミ紹介

  ゼミでは身近なトピックを素材に行政法の基礎知識を習得する

趣味

  スポーツ観戦

神大の先生

http://professor.kanagawa-u.ac.jp/law/law2/prof18.html 新しいウィンドウで開きます

ページトップに戻る