教育
Academics

  • リンク:法学部トップページへのリンクです
  • 教育
  • 法学部の教育・特色

法学部の教育・特色

法学部の教育・特色

法学部の特徴

本学部は、社会に対する深い洞察力を持ち、紛争の予防又は解決の手段としての法制度の設計とその運用の基礎的能力を備え、調和ある社会の形成と社会正義の実現に積極的に取り組む人材の育成を目的とします。
本学部のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学位が授与されます。

  1. 幅広い教養と外国語能力を身につけ、国際的感覚を培っている
  2. 社会に対する深い洞察力を持ち、紛争の予防又は解決の手段としての法制度の設計とその運用の基礎的能力を身につけている
  3. 調和ある社会の形成と社会正義の実現に積極的に取り組むことができる
  4. 社会の動きに絶えず関心を持って鋭敏な問題意識を醸成する能力を身につけている
  5. 法の原理や政治の基本的仕組みについて理解し、法的なものの考え方を身につけている
  6. 特定の社会領域や先端的な領域における法や政治・行政の機能と運用について理解している
  7. 日本の法と政治を外国のそれらと比較して認識する能力を身につけている
  8. 問題発見能力や法的解決能力、さらに説得力やコミュニケーション能力を身につけている

法学部で学ぶ4年間

「ゼミの神大」と呼ばれる本学では少人数教育を重視し、対話形式の学びを数多く取り入れています。
顔の見える学びの場が、自ら考え、行動できる人へと成長させます。

4年間の学修ステップ

1年次
共通教養科目を中心に学びながら、法学・政治学の初歩も学びます。
2年次
4年間の学修の土台となる、基幹科目の学びが本格化します。
3年次
基幹科目を学び終えるとともに、興味のある分野をさらに深めます。
4年次
就職活動をしながら、4年間の学びを完成させます。

学科の特色

ボタン:トップへ戻ります