教育
Academics

自治行政学科

学科の特徴と目標

自治行政学科は、地方分権が推進され、地域のニーズに応じた特色ある行政や効率的な行政運営が求められる中、地域の視点から環境、防災、福祉をはじめとするテーマに取り組み、新時代の地方自治を開拓する人材の育成を目的とします。
本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学士(行政学)の学位が授与されます。

  1. 法律学、政治学、行政学等、地域社会に必要とされる人材に求められる学識を備えている
  2. 環境、防災、福祉等、地域自治をめぐる現代的課題について深く理解している
  3. 地域自治の政策過程について現場の実状を踏まえて具体的に理解している
  4. 地域社会に存在する多様な価値観や生活様式を理解し、尊重している
  5. 地域自治のリーダーとなりうる人材として成長している
地域社会に対応できる思考力を修得
本学科最大の特色は、「環境法」「社会保障法」などの科目を通して、法律とともに環境や福祉の現状を深く学べる点。多様な視点から地域の諸問題を見つめ、「自分ならどう対処するか」を考えます。
政策現場の生の声を実感できる実践的授業
自治体の行政に長く携わってきた実務家教員による生きた授業が受けられるのも大きな特長です。実際の成功例・失敗例を検証しながら、地域を支える力を培っていきましょう。
幅広くバランスよく学べるカリキュラム
地方自治の新たなアイデアを生み出すためには、多彩な知識と広い視野が欠かせません。そこで、一般教養から専門知識まで、広く社会に興味を持てるようなカリキュラムを整えました。
3つの履修モデルが系統的な学びを後押し
テーマを持って系統的に学べるように、「環境法政型」「まちづくり型」「社会保障型」の3つのモデルを設定しました。これらを軸に、将来の目標に合った学修を深めていきます。

自治行政学科で学ぶ4年間

START 1年次
地域のことを考えるための準備を
講義科目「現代社会と法」や、法学や政治学の入門科目を学ぶことで、地域のことを考えるための基本的な視点が得られます。
CHOOSE 2年次
地域のことを考えるための準備を
履修モデルにそって科目を選択しながら、関心をもった分野について学び、進路を見出していきます。また、ゼミナールでの積極的な学びもスタートします。
INQUIRY 3年次
学ぶほど、地域のことが見えてくる!
ゼミでの学びや、地域・自治体の第一線で活躍してきた講師の授業を通して、自分が関心をもった問題をとことん探求しましょう。
COMPLETION 4年次
地域社会の明日を担える人として
4年間、法学や政治学を幅広く修めることで、地域社会の課題を見つけ、解決する力を格段に高めることができているはずです。
ボタン:トップへ戻ります