教員・研究紹介

教員紹介・ゼミ紹介

公法 行政法

三浦 大介

学生に向けてのメッセージ

三浦 大介  神奈川大学は、全国から学生さんが集まります。教員も、さまざまな地域で生まれ育った人たちです。みなさんのこれまでの生活は、比較的狭い社会で完結していたと思いますが、これから、様々な人たちと出会い大いに刺激を受け、「引出し」をたくさん備えた「大人」になるための最適な助走期間がやってきます。
この4年間というものは、みなさんの人生においてなんと貴重なひとときなのでしょう。
大学教員という職業の醍醐味は、このみなさんにとって大切な時間を、ともに共有することができるという一点にあると思います。

担当科目

【学 部】 (前期) 環境法Ⅰ・自治体法Ⅰ
(後期) 環境法Ⅱ・自治体法Ⅱ
【大学院】 (博士前期課程)行政法特講Ⅲ  行政法特講Ⅲ(演習1)  行政法特講Ⅲ(演習2)公共政策特講Ⅲ

研究テーマ

行政行為論の研究

主な研究業績

  • 1.「行政判断と司法審査」(『行政法の新構想(第三巻)』有斐閣、2008年、103頁)
  • 2.「フランスにおける行政警察の概念」(『犯罪予防の法理』成文堂、2008年、243頁)
  • 3.「自治体の公物と住民」(『分権時代と自治体法学』勁草書房、2007年、161頁)

ゼミ紹介

ゼミⅠでは、行政法作用法・行政救済法の基礎知識を習得する。
ゼミⅡでは、主として自治体行政に目を転じ、条例研究のほか、地域における行政の現場を調査研究し、自治体行政の動態的な法現象を把握する。
ゼミⅢでは、これまでの研究成果の蓄積を論文として発表する。

趣味

車いじり
庭いじり
嫁いびり(笑)

神大の先生

http://professor.kanagawa-u.ac.jp/law/government/prof01.html 新しいウィンドウで開きます