進路・資格・就職について
TOP > 進路・資格・就職について > 法曹養成プログラム

法曹養成プログラム

 法曹を目指し法科大学院への進学を希望する人や、隣接法律専門職の資格試験に挑戦する人を主な対象として、「法曹養成プログラム」を設けています。このプログラムに登録した学生は、民法・刑法を重点的に学修するクラスを受講できるほか、一部の科目を先取りして履修することができます(特別の費用は一切かかりません)。
 法曹を志望する者は、法科大学院に進学して勉強を重ね、司法試験を受験するのが現在の一般的なコースです。司法書士や税理士など隣接法律専門職の志望者も、それぞれの国家試験を受験する必要があります。これらの道に進むことを希望する学生は、将来の進学・受験を見据えて、法学部在学中に基本的な法律科目をしっかりと学んでおくことが重要となります。「法曹養成プログラム」はそのための手段です。

法曹養成プログラム